スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民国紀行 ③

3日目
 基隆 - 福隆 - 三貂角 - 石城 - 三貂嶺 - 十分 - 猴硐 - 礁渓

_DSC7036-1.jpg
 強雨がおさまった基隆の朝、3日目は距離こそあまりないが色々と見て回る場所がある

_DSC7055-1_20160322112015d98.jpg

 八堵で乗り換えた後、宜蘭線で福隆へ

_DSC7074-1_20160322112019b6a.jpg
 ウマい便當で有名かもしれない

_DSC7072-1.jpg

_DSC7068-1.jpg
 朝はどこも仕込み中の感じがあったけど売っていた店舗でイートイン。湯はサービス
 茶色い弁当は、割とこってりした味付けかと思いきやくどくはない。ほのかに香る八角がたまらねえぜ

 天気がよければレンタサイクルも考えたが、小雨と時間の都合もあるため駅前からバスで灯台へ向かう

_DSC7085-1.jpg
 三貂角燈塔。最東端の灯台

_DSC7090-1_20160322112642c15.jpg
 臺湾の灯台は比較的大きなところだと今でも灯台守(交通部航港局の職員)が管理しているので、官舎が併設されていて趣がある

_DSC7099-1_2016032211264423e.jpg
 ここは資料館も併設

_DSC7106-1.jpg
 燈塔を訪れている蒋介石の写真は別の場所かな。海防艦らしき船は測量船か見廻り船の類いだろうか

_DSC7113-1.jpg
 戦前の地図

_DSC7133-1.jpg

_DSC7154-1.jpg

_DSC7167-1.jpg

_DSC7215-1.jpg
 当初は点灯時に来る計画もあったんだけど敷地外が撮りにくそうだったのもあって中から。あとは天気が悪い

 再びバスで、福隆へ戻らず次の駅の石城へ。鉄道よりも海岸線をゆくバス、なかなか

_DSC7243-1.jpg
 時間があったので撮り鉄。客レがまだ残る周辺国、臺湾も数は減らしてはいるものの優等では主流

 平渓線を求めて三貂嶺へ。山中の小さな駅だが駅員が常駐し、平渓線のタブレット閉塞の業務を行っている

_DSC7249-1.jpg
 どこかで見た顔。観光客を満載している

_DSC7267-1.jpg
 十分。ガイドブックでは九份と並び鉄板スポットと言うべき観光地

_DSC7288-1.jpg
 駅前はこれぐらいの絵で十分(激寒) 歩いて鉱山跡地へ

 鉱山跡地にある博物館までナローに乗れるとの案内があったらしいが、その乗り場には人影も営業しているような痕跡さえも見当たらなかった。確かに時刻は書いてあるがどうやら予約がいるらしい。人生には大切な退き時が何度か訪れる、しかし今はその時じゃない。というわけで、土に埋まりかけている線路を辿って歩き出す。あっさり15分ぐらいで着いた

_DSC7304-1.jpg
 台湾煤鉱博物館。来場者/Zero、一応受け付けに人はいたので案内してもらう。入場料200元って結構な値段だけど

_DSC7314-1.jpg

_DSC7316-1.jpg
 展示としては鉱山の紹介程度。使われていたナローだとか採掘機器はそれなりに飾られているが…
 マンツーマンで案内には恐れ入るが15分程度で全ての敷地を見終えてしまう。この展示に意味があるとは思えない、しかし200元の判断を信じよう。というわけで撤収、例のナローに乗車

_DSC7388-1.jpg
 ナローさんの健闘を祈ります(ポロロローン♪)

_DSC7390-1_20160322124119d98.jpg

_DSC7396-1.jpg

_DSC7409-1.jpg
 ええ素材やこれは…

_DSC7422-1.jpg
 これがゆる鉄ですか。いつ壊れてもおかしくないと云う感想だった。200元は安い(確信)

_DSC7434-1.jpg

_DSC7439-1.jpg
 
 猴硐へ。猫村の認知度が高いらしい、ここにもナローの観光施設がある

_DSC7487-1.jpg
 雨なので機関車の上で丸くなっていた

 宿のある礁渓まで鈍行。割と栄えている温泉地、足湯も多い

_DSC7513-1.jpg
 招牌牛肉麺
 食後は温泉へ。湯囲溝公共浴室、男性用で無料。ローカルでちょっとディープな公衆浴場。飯坂より熱いんじゃないかな

 ちょうど3/11だったので現地ニュースでも震災の話題がとりあげられていた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。