スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北東紀行 ④

4日目
 釧路 → 帯広 → 音更 → 本別 → 豊頃 → 大津 → 大樹 → 旭浜 → 帯広

 道東めぐり後半戦、初夏でもお世話になった帯広再訪。前回は襟裳岬往復+農道だったが、今回は連れもいるので広く浅くぶらぶら。到達点は旭浜のトーチカ群としておく

IMG_6166.jpg
 始発。2429Dと経路こそ同じだが時刻表上では帯広行。帯広からは快速狩勝として運行される

IMG_6167.jpg
 釧路、遠いけどいつ来ても良い。東京〜釧路のフェリー復活はありえるのか。仮に復活してもしばらく乗れそうにない

IMG_6169.jpg

_DSC3674-1.jpg

IMG_6172.jpg
 3時間で帯広着。駅前のニコレンからスタート

_DSC3717-1.jpg
 北に数十分、音更の十勝が丘展望台

IMG_6177.jpg
 朝食

_DSC3759-1.jpg
 そこから小一時間、本別の歴史民俗資料館へ。軍馬の軌跡と西中佐の資料見学、ウラヌスのたてがみが見れて良かった。硫黄島からの手紙(映画)でその存在を知った西竹一、今はガルパン劇場版の西絹代ちゃんのモデルにもなっているんだっけ

IMG_6182.jpg
 2階は常設展。ザ民俗資料館って感じ、展示数も豊富だしジオラマも精工

_DSC3765-1_20160120104148d64.jpg
 本別の道の駅 ステラ☆ほんべつ。豆の生産地だとかでモニュメントくん。パン屋で軽食を調達

IMG_6183.jpg
 再び小一時間、南下して豊頃のシンボル「ハルニレの木」

_DSC3797-1.jpg
 天気がイィ^〜

_DSC3808-1_20160120104151a5a.jpg
 いろんな足跡があった。例のごとくパウダースノーなのでべちゃべちゃしていない

_DSC3838-1.jpg

 十勝川沿いを南へ、大津の高台にある十勝大津灯台へ。ここも初夏に訪れた場所の一つ

_DSC3841-1.jpg
 雪があってまた違った雰囲気。風がなく冷たくもない

_DSC3869-1.jpg
 この辺りにはコンビニがない。ナウマン国道から外れて少し内陸へ、大樹のセイコマで遅い昼飯とした。役場近くの柏林公園に9600が展示されている。屋根付きなので冬でもシートで包まれていない
 日没が近い。浜大樹方面、旭浜へ。漁港の東側にのびる砂浜にトーチカが数基、転がっていた

_DSC3916-1.jpg
 車で入っていいのかは分からないけど轍がある。戦車が通った跡ではない。ちなみに夏に揚陸艇ビーチングの場所になる浜大樹は更に北東方向

_DSC3922-1.jpg

IMG_6195.jpg
 砂埋もれて内部は狭い。コンクリも相まってひんやりした空間。聞こえるのはさざ波

_DSC3946-1.jpg
 ぶるーもーめんつ、には早かったらしく星が出ない。レンタカー返却の時間が迫る

_DSC3955-1.jpg
 車を停めてきた場所の方まで戻ってきてやっと暗くなってきた。申し訳程度の記録になってしまった。また来なきゃ(使命感)
 帰りは忠類から川西まで無料高速。今回借りてたフィット、一定以上飛ばすとステアリングがブレて怖い。定速安全運転で夜道をGO。返却後、ホテルに荷物を置いて晩飯へ

IMG_6202.jpg
 インデアン。ブレない旨さ。ダイイチでドリンク類を買い込み、寝る前の反省会に備える。大浴場で一風呂後、軽く盛りあったぜ。翌日の予定が特になかったので色々決めていた。小樽に行くことになった。就寝
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。