スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北東紀行 ①・②

1日目
 航空公園 → 秋津 → 大宮 → 宇都宮 → 黒磯 → 郡山 → 福島 → 仙台 → 小牛田 → 一ノ関 → 盛岡 → 二戸 → 青森
2日目
 → 札幌 → 滝川 → 釧路

 新年たび。例年は年末に行くことが多かった気がするけど、フェリーの早割が設定されなかったため年始の実行となった
道東を主な目的とする。夏行けなかったから…。あまり代わり映えしないプランだけどリピーターというかまだまだ行ききれていない場所ばかり、加えて今回は冬なので。とにもかくにも、鈍行一択片道37時間の移動無しには釧路まで辿り着くことは出来ない

 往復の道中、今回は連れがいる。初日は5:00、宅のあるKKKから旅の始まりである。苦行はざっくり省略

IMG_6055.jpg
 仙台。昼の小休止

IMG_6058.jpg
 小牛田。紙輸送かな
 一ノ関を超えた時間帯が一番退屈、電は2Bで席確保もままならない。大半が関東圏から移動する北東or18キッパー(おっさん)なので重い空気が流れている。暖房が効き過ぎた車内、過熱した座席は、遂に危険な領域へと突入する
 盛岡からはIGR。陽も暮れはじめて景色も見れない。惰眠をむさぼるだけである

IMG_6061.jpg
 金田一温泉行の電を降りて二戸で八戸行に乗り換え。ひんやりした空気がうまい。雪もちらつく

IMG_6064.jpg

IMG_6069.jpg
 yatto Aomori
 
IMG_6075.jpg
 出来心で経路を変更しそうになる。ホンパチ・鮫・北リアスは未開拓、原付で行くにはチト遠い
 
 雪による遅れもなく定刻で青森到着。駅前からホテルへと続く路地は凍結せず暖冬を感じさせる。いつものラーメン屋へ

IMG_6079.jpg
 まるかい。連れの口には合わなかったようだ

IMG_6081.jpg

IMG_6082.jpg
 灯ろう、今年はレイアウトが若干変わっていた。最近ゆっくり青森を見てないのでまた機会を改めてとは思う

 この後はまちなか温泉へ。駅へ戻ってくると既に急行は入線していた。繁忙期増結、客足はそうでもない。ファンは多い

IMG_6083.jpg

IMG_6085.jpg
 本日のC寝台。ガラガラの自由席のゆっくりとした時間、あと少し

IMG_6089.jpg
 蟹田停

IMG_6097.jpg
 青函通過中。何かの撮影っぽいな? 湿度100%、展望などはない

_DSC2632-1_2016011523392598b.jpg
 函館

_DSC2658-1.jpg

_DSC2664-1.jpg

_DSC2694-1.jpg

_DSC2722-1_201601152339304f2.jpg

 眠りは2時前。目を覚ますと南千歳に停車していた。歯を磨いて顔を洗う。便所の芳香剤の匂い、ディーゼルの臭い、室外機の音。すきま風が吹くデッキは、まさに夜行の雰囲気がある。札幌までのあと一息を軽快に飛ばす急行列車

IMG_6099.jpg

 IMG_6103.jpg
 札幌、定時。もう14系に乗ることもないだろう。長い付き合いがあったわけではないが、ノスタルジックな夜汽車を味わえる、現代では貴重な定期夜行だった。何より使い勝手が好い。これからの安旅はフェリー一択になるのだろうか
 網走を目指す連れと別れ、自分は滝川まで移動。セイコマまで散歩ののち朝飯を調達。駅の暖かい待合で時間を潰す。ここから8時間、鈍行最速便に乗車するゾ

IMG_6107.jpg
 滝川出発直後は同業で1両が埋まるが、富良野の増結で隣りに移れば問題無い

IMG_6111.jpg

_DSC2830-1_20160116001627265.jpg
 落合で行き違い。写真を撮るなり煙草を吸うなり、旅人模様

IMG_6113.jpg
 狩勝峠を超えると青空が広がってきた

IMG_6116.jpg
 新得。部活帰りの生徒の出入りが見られた。昼飯はこの先の帯広での長時間停車の間に買い出し

IMG_6120.jpg
 前回2429Dに完乗したときも感じたが意外と退屈ではない。客層も車窓も度々変わるので見ていて興味深い。それに飽きたら地元紙をめくる。昼寝をしても良し

_DSC2870-1_2016011600162929f.jpg
 海沿いに差し掛かる頃、日が落ちた

_DSC2885-1.jpg
 直別で行き違い。釧路を目前に交換で度々停車

IMG_6123.jpg
 この時間帯にウロウロしているのは同業ばかりである
 終点釧路、定時。完乗証明書は無くなったと云うアナウンスがホームで流れていた。乗り専にとっては痛いことかもしれない。当初は乗り換えて茅沼…と思ったが翌日の根室滞在時間を増やすためにも、釧路で泊まって始発に乗らなくては。駅前のホテル入場。温泉は帯広までお預け

IMG_6125.jpg
 乗りっぱなしの2日間が終了舌。ここまで来れば後はお楽しみタイムが続く。明朝にそなえ早めの就寝
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。