スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまなみ・九州 灯台巡り ④

4日目
 愛媛/松山 → 大洲 → 八幡浜 → 三崎 → 大分/佐賀関 → 臼杵 → 熊本/阿蘇 → 長洲 → 長崎/多以良 → 伊王島 → 大村

 ネカフェのナイトパックには軽食の他にシャワーの利用も含まれているため眠気覚ましにざっと浴びた。コーシーを流し込んで5:00出師。松山市内は雨こそ降ってはいなかったが、gpvと予報を見る限り道中は確実に降雨が予想されたのでレインコートを着込む。56号を直進…これが大きな勘違いだった。国道をしばらく道なりだと思っていたのだが、海沿いに進むには伊予市で国道378号に分岐する必要があったのだ。ちなみに56号は山を突っ切り西予・宇和島方面へと伸びている。前回は佐田岬から松山に向かっていたため、迷うことなく標識に頼れば都市部へ出れたものの、今回は最短ルートで八幡浜のはずれを経由し三崎港に向かう計画だったので、非常に遠回りなルートとなってしまった
 “一度走り出すと止まりたくない(雨でスマホナビをハンドルに設置できなかったためルート確認が出来ず)+2桁国道であるからとりあえず八幡浜には辿り着くであろう”という謎の自信から、気づいたときには手遅れで既に山間部の内子まで進んでしまっていた。沿岸の強風こそなかったものの土砂降りの雷雨、そして夜明け前の低温、山道…防水対策はしていたが非常に冷たい思いをする。うっすらと空が白んできた頃、大洲にいた。予想外に体力を消耗してしまったのでとりあえず八幡浜港で休憩したい…、そこから臼杵or別府までフェリーもやむなし。何とか走り抜けて宇和島運輸のフェリーターミナルに転がり込んだ。幸いにも雨は上がってくれたが、オイルドレザーの靴も中まで浸水したので、乾かしながらロビーにあった自販機のカップ麺をすすり、この先の行程とフェリーの時刻を確認する。次の便は臼杵行だったが臼杵港の可動橋工事の影響により運休、その次が2時間後となっていた。ただでさえ移動予定より1時間以上遅れており、この先のプランに支障が出ると判断。なんとか温かい汁物で復活出来たので、三崎港までの小一時間を行くことにした。メロディーラインは今回も海風が吹き荒れていた。道自体はよく舗装されているので車体に身体を伏せながら車の流れに乗る

IMG_5757.jpg
 ギリギリ8:30の便には間に合わなかったが、とりあえず三崎港に着

IMG_5760.jpg

IMG_5762.jpg
 ここから佐田岬灯台までがまた長いんだよね、というより幅が狭隘。そして夜はとてつもなく暗い

_DSC1045-1.jpg
 小さめのフェリーだが売店や眺めの良いロビーもある。小休止

_DSC1133-1.jpg
 半島を抜ける頃には青空が見えてきた。灯台までは近いようで結構遠い

IMG_5764.jpg
 上陸前。豊予海峡の波に揉まれること1時間、九州は大分の佐賀関に到着した。久々の九州、バイクでは初となる

 この先、水ノ子島灯台の旧退息所(官舎)が残る資料館を見るべく佐伯の鶴御崎に立ち寄る計画もしてみたが時間の都合上カット。まっすぐ縦断して熊本へ抜ける。海沿いから阿蘇の山々目指して上り坂が続く道中

IMG_5765.jpg
 国道57号、竹田を抜ければ阿蘇の入口。道の駅 波野

IMG_5766.jpg

IMG_5767.jpg
 うしさん

IMG_5768.jpg
 原付の大好物である広域農道の一種
 阿蘇の外輪山、見渡す限りの草原の中を道路がひたすら伸びている。適度なアップダウン、ワインディング。ここは北海道の阿蘇か、阿蘇の北海道か…、阿蘇恐るべし。北東にくじゅう連山を臨み気温の低いミルクロードを快走、これが黒森峰領地ですか…外気温3度

IMG_5771.jpg
 眺めの良いところがあったので停車。大観峰というらしい、ツーリングのハイライト

_DSC1181-1.jpg
 うーん…寒い。この時期は雲海が見れる時があるみたいだ。初夏は緑が綺麗なんだろうなァ

 阿蘇スカイラインで菊池方面へ。界隈の何とも言い難い景色。ナビ通りに最短ルートを通ったので玉名の街とかも見てないんだけど、郊外はのどかな感じだった(小並)

IMG_5773.jpg
 有明海に面した長州港に到着したのが15時。佐賀関から4時間ちょっと

IMG_5774.jpg

IMG_5777.jpg

IMG_5778.jpg
 賑やかな地域の掲示板。山を越えて都市を経由せずに海まで出てきたもんだから熊本にいる感覚が希薄

IMG_5779.jpg
 熊本〜島原のフェリーに比べると大変リーズナブル

_DSC1199-1.jpg
 背後には普賢岳。波がほとんど無いので船が水面を切って進んでくる姿は中々良い

IMG_5781.jpg
 遅い昼飯

IMG_5782.jpg
 長崎・多以良へ

 途中まで島原鉄道沿い、島原街道を道なり。諫早を経由せず国道251号に分岐したら左手に橘湾が見えた。ペンギン水族館手前で国道34号に合流し長崎市街地へ。坂道がやたら多い、反対側に見えるのが稲佐山だろうか…交通量も増えはじめ日が暮れてきた。香焼の造船所が見えてくれば目的地はもう近い。伊王島大橋を渡り到着

_DSC1207-1_20151213111026be4.jpg
 伊王島灯台

_DSC1212-1.jpg
 愛媛で迷わなければもう少し早い時間に到着できて資料館も見れたはずなんだけど…また来る

_DSC1210-1.jpg
 灯台は被爆してその後改修されたようだが、灯ろうは竣工当時のものが修復され今も使われている。塔は初代にならって平成15年六角形の建屋に再建された。再現性が高いと云うか、よく似合う!

_DSC1240-1_20151213111031cdf.jpg
 手前は元あった灯台の基礎。レンズは多面フレネル、美しい閃光を発している

 とりあえず長崎の大灯台は見れた。後は帰るだけ…ではない、下関・関門海峡の灯台群を見に行くのである。ここからが灯台巡りの佳境、お楽しみはまだ先もある
 宿へ向かうため再び来た道をペンギン博物館まで戻り、34号を北上する。西諫早から大村湾沿いの県道で若干のショートカット。日中晴れていれば湾が見渡せたかもしれないが夜は真っ暗でただ寒い。途中食料を調達し民宿のある大村に着いた

IMG_5783.jpg
 簡易宿所っぽさがあるけどちょうどいい広さだし部屋にはシャワーもある。充実したビジネス民宿

IMG_5784.jpg
 生野菜を…食べようね!
 翌日は再び九州東岸、そして関門を抜けて本州へ。布団は良いなァ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。