スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Passenger

_DSC3482-3.jpg
いくつものブルートレインが東海道本線を駆け抜けていた寝台特急の黄金期を象徴するEF65の特急型-500番台-
当時を知る資料として過去の時刻表や色あせた写真・映像が存在するが、かつてを知らない自分にとってそれらは果てしない憧れへの記録に過ぎない。EF66の牽引する富士・はやぶさが最期の長距離列車として輝きを見せていた頃、僅かな期間ではあったが足繁く通った西湘。もはや懐かしい思い出だ
あれから数年が経ち、交通網の高速化や車両の老朽化、JRの予算削減が進んだ現在において全国の寝台特急は風前の灯火となっている。そんな中、東京から伊東まで東海道本線を寝台車が走ることがイベントとして企画された。
しかも牽引機にEF65 501が登板するという。深夜に都心を出た列車は夜の東海道を下り一路伊東まで行き、折り返し朝の本線を上る。編成こそ短いがP型が牽くブルートレインは当界隈では非常に珍しい。
貨物のラッシュが一段落した8時頃、おだやかな冬の相模湾を背景に当時を彷彿とさせるようなシルエットが浮かんだ

撮り鉄風活動報告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。