スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青函放浪4日目

_DSC6336-2.jpg
霧中

天気に恵まれない
トセイは霧の演出を生かしたかったけど意外と露出が無くレンズも持ち合わせておらず
水田にトラクター痕があって後ろから寄って撮ることもできなかったと言い訳をしておく

_DSC6359-2.jpg
ごり押し

宿に戻って2度寝

_DSC6382-2.jpg
バスで北上

_DSC6398-2.jpg
こ こ も か

_DSC6426-2.jpg
灯台付近の丘から降りれば晴れ間
日本海に面しているのでキリルやハングル表記の漂流物がちらほら

_DSC6433-2.jpg
磯が展開

_DSC6482-2.jpg
目的の青函トンネル記念館

_DSC6529-2.jpg
こ↑こ↓

_DSC6547-2.jpg
重い扉の向こう側-海底-へ

_DSC6569-2.jpg
響くアラーム

_DSC6581-2.jpg
駅に到着

_DSC6585-2.jpg
なんとなく地下要塞の雰囲気

_DSC6590-2.jpg
海底水族館みたいなもの わき水?(海水)を利用しているそうな

_DSC6601-2.jpg
遺構

_DSC6610-2.jpg
見学順路

_DSC6623-2.jpg
展示も当時のまま(笑)でおもしろい

_DSC6630-2.jpg
規模は小さいが順序よく充実している

_DSC6665-2.jpg
吉岡側はどうなっているのだろう

_DSC6677-2.jpg
竜飛海底駅へ続く通路
実際トンネル内で事故があったときはここを通り、ケーブルカーor階段で地上へ避難するそうな

_DSC6691-2.jpg
1周して戻る

_DSC6697-2.jpg
歩いて渡道してみたい気もするが

_DSC6704-2.jpg
上昇

三厩駅へ

_DSC6771-2.jpg
時間があったので『雲のむこう、約束の場所』に登場した40車内をそれらしく撮影

_DSC6807-2.jpg
本州末端

_DSC6851-2.jpg
今別から中小国周辺では工事が急ピッチで進む

_DSC6898-2.jpg
乗り換え青森へ
アップル号で東京へ

突発遠征は旅要素多めだったか、鉄分が少なめだったか
一休み
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。