スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝錬

_DSC0857-1.jpg
日々なにげなく写真を撮るけれど、こだわりは隠せない
例えば上の作例、
1.仰角気味に撮影したアウトカーブ0度の編成画である
2.絞り値はF3.5、焦点距離(中望遠)ゆえに被写界深度は若干浅い
3.面にはよく光が当たっていて、側面は少し甘めに陽が差し込んでいる
4.左右比はほぼ等間隔に狭め
5.画像左側に③の標識が立っている
6.東横線HM装飾付急行灯点灯の19k:9001Fである
7.面右部から柱が突出している
8.面上部のクーラーに架線の陰が掛かっている
9.運転席のブラインドは下がっておらず、運転手はマスクをしていない

善し悪しを問わず気付くことはやまほど
クーラーの架線影をなくそうとすればもっと引き気味に構えねばならないが、すると画面上には写っていない柱が左右にフレームインするので全体にまとまりがなくなるetc
各々のこだわりを邪推(笑)することこそが編成写真のおもしろさ?
世間の評判がよくない撮り鉄くん、芸術のなかで美しさを追求しているとなると複雑だね(火暴笑)
いつだって、最善とは妥協の果ての姿であると思うなァ

追記(

_DSC0886-1.jpg
夕錬
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事を拝見しました。

編成写真の拘泥は非常にわかります。本当に誰かに見せられるものは、僅かでもあればいい方ですよね。

ただこれに問わず、己を叩きすぎると精神衛生上よろしくありません。(体験者談)

Re: No title

趣味のあり方を考えたとき、自分を満足させるためにも、取りまく同志たちの活躍を見続けていくことが大切でしょうか
編成写真という一つの枠組みの中において、いくら我流でも暗黙の了解を意識せざるを得ないところが撮影の面白さだと思ってます(笑)
プロフィール

ぽぷら

Author:ぽぷら
のりもの中心でお送りしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぜろばんのりば
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。